居合同好会幹事でおとなしい成城大生(20)がPTSD解離誘拐事件起こすワケ

広島市西区の
小学6年の女児(12)を
ナイフで脅して
旅行かばんに入れ
タクシーのトランクに入れ
連れ去ろうとした
容疑者については
知人も近所の人も
「おとなしい人だったのに」と
驚いています。
社会イノベーション学部に在籍し
居合同好会では
幹事を務めていたそうです。
子どもが
モノのように
(ペットのように)
扱われている時代で
 ―画一化され
 規格外だと
 暴行されたり
 薬漬けにされる。
 発達障害やアスペルガーという名の
 PTSD児が多い。
居合による
 ―人間関係における気概を変えて
イノベーションが必要です。
解離人格は
 ―無意識行動をしますから
犯罪に結びつきますが
社会の病巣の
レントゲンみたいな
役割は果たしています。
 ―不要ですが
 してしまったことについては
 そこから学ぶことが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です