フクシマの子どもに甲状腺がんの診断が出ても4年経ってないと否認のPTSD教授

福島県の子どもの
甲状腺検査で
初めて
1人が
甲状腺がんと
診断されたそうですが
 ―普通のがん検診と同じようにしたら
 もっとあるようにも思う。
フクシマ県立医大の
鈴木真一教授は
「チェルノブイリ事故後の
発症増加は最短で4年」
などとして
 ―検査の精度が違うのに
福島第1原発事故との因果関係を
否定しました。
いじめと自殺の因果関係は
わからないと言って
青年に殴られた方の
二の舞をしますかね。
現実を見ずに
知識で判断するのですね。
発達障害みたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です