三鷹事件から学ぶ ~PTSD解離ストーカーの手口

高校3年
鈴木沙彩(18)さん
襲撃事件ですが
池永チャールストーマス容疑者(21)は
沙綾さんと
2年前フェイスブックで知り合いますが
昨年9月に距離を置かれ
焦ったのでしょう。
 ―焦ると人間ロクなことしません。
今年6月には受信拒否されたので
 ―相当な迷惑行為をするように
 なったのだと思われます。
交際復活の望みを絶たれたと感じ
一方的に恨みを募らせ
ストーカー化して
襲撃に及んだようです。
 ―昨日
 ネットでフツーの人たちが
 書いていたようなことが
 警察の見解として
 ニュースになっている。
今月1日と4日の早朝
通学途中に突然姿を現した時には
声を掛けてくることはなく
「都内でナイフを購入し
鈴木さんの自宅付近で待ち伏せて刺した」
殺害することしか考えておらず
着々と
準備していたようです。
この計画性と
良心の解離のバランスが
PTSDですね。
『あっ…。コレもしかしたら…』と
気づいた時のために
行動特性をよく学んで
おきましょう。
専門家は
$翠雨PTSD予防&治療研究所
なんでもかんでも
発達障害とか
フツーと言わず
PTSDを学び
人々に教えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です