執行猶予中のダルビッシュ有投手の弟(24)「腹が立って」PTSD解離暴行

知人の少年(19)を
殴るなどして
ケガを負わせましたが
昨年2月
知人女性の顔を
殴り
傷害罪で
懲役1年
執行猶予4年の判決を
受けていました。
「(知人の少年の)
態度に腹が立ったので
暴力を振るった」そうで
「執行猶予中という自覚は
なかったようだ」
 ―警察
その時々の
犯罪の流行に
無意識的に便乗しつつ
 ―松雪泰子さんの弟
 ミュージシャンの陽さんらも
 タクシー運転手殴り
 逮捕された。
 解離犯罪は連鎖する。
自分の感情に巻き込まれ
 ―目の前の少年にキレた。
解離人格は
大変ですね。
クローゼットのなかで
「来ちゃったよ」「誰か止めて」と
心細く思い
友だちに相談しつつも
沙綾さんに騒がれたら
追いかけ殺害してしまった
トーマス君も
同じでしょう。
多重人格的に見えるところが
 ―ビリー・ミリガンとか
ありますが
PTSD解離人格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です