PTSDの「アドボカシー」を言いだした臨床心理学

風間書房から
『臨床心理士
カウンセラーによる
アドボカシー』
生徒、エイズ、吃音
精神障碍者、性的・民族的マイノリティ
レイプ、DV被害児(者)の
声なき声を聴くのだそうです。
『地域を創る
日本文化理解教育』
私の活動そのもの
ですね。
薬害PTSDの小中学生は
自分からは
「理不尽だよ」
「クスリ抜いて下さい」
「PTSD治療してください」とは
言いませんからね。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
 ―ポニョの父と母は
 自我とセルフ
 西洋思想と東洋思想の
 スケールの対比を
 示しています。
 お父さんはポニョを閉じ込めたい。
 お母さんは自由にさせてあげたら
 いいじゃないと諭しています。
声なき声を聴いて
お父さんの妨害を阻止し
お母さんに会わせ
治癒させ
個性化させる
お手伝いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です