『愛と死をみつめて』古事記に流れるPTSD予防原理

$翠雨PTSD予防&治療研究所
1964年の
 ―東京五輪の年ということで
 取り上げられたらしい。
ベストセラーだそうですが
リメイクされ続けているのは
「愛と死」だから
でしょう。
古事記の
スサノヲは
PTSD予防の不徹底から
 ―父母の「愛と死」の問題
負の連鎖を受け
PTSD解離行動をしますが
治癒しつつ
個性化する
モデルの象徴です。
 ―治癒の秘密は
 何度も表現を変えて
 書いている。
出会いがあれば
別れがある。
それが楽な作業じゃないから
仏教は
まず
生老病死の
四苦八苦を
 
 ―八苦にするには
 愛別離苦とか
 付け足さなきゃならないけど
説いたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です