福知山花火大会爆発事故大惨事起こした店主はポルター・ガイスト説主張のPTSD解離性健忘

3人が死亡し
55人が負傷したわけですが
業務上過失致死傷容疑で
逮捕された
ベビーカステラ屋台
店主(38)は
「ガソリンは
4~5時間持つので
給油する必要は
なかった」し
危険性を認識して
調整弁の操作を行わなかったと
説明
「携行缶の蓋は
自然に飛んだ。
自分に落ち度はない」と
供述し始めました。
自分も
大けがをし
被害を出した
ショックで
解離性健忘を
起こしているのでしょう。
 ―発症した後も
 都合の悪いことは
 全否定して
 
 自分のなかでは
 大丈夫グッド!にします。
本人が主張するように
何年も
 ―今年も5回?
ベビーカステラを焼いてきて
慣れているのに
ミスをするのが
解離というものです。
PTSDを放置したら
世界が
ポルター・ガイスト状態になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です