PTSD解離ツイッターされた「セーラー服おじさん」

セーラー服おじさんを「通報」――ツイートが炎上した高校生の学校が謝罪
 セーラー服のコスプレでネットでも有名な「セーラー服おじさん」が警察官に質問を受けている写真を、「し……….≪続きを読む≫

通報したと言うのは
 ―言葉を安易に使ったのでしょうが
 通報はしていないだろうし
名誉棄損的なので
 ―高校生だから
 注意で済んだけど。
学校の対応は
こんなものかと
思います。
しかし
解離して
 ―流行便乗
行うことには
意味があると思います。
 ―よい悪いを超えて
セーラー服おじさんが
どうしてできたか?
です。
小学校
1~2年生の頃
クラスメートの女の子たちの
スカートめくりが
“趣味”で
何度も担任から
「次に
(スカートめくりを)
やったら
皆の前で
スカートをはかせちゃいますよ!」と
注意されても
まったく
やめようとしなかったそうです。
それで
ついに
皆の前でスカートをはかされて
しまうのですが
「嬉しかったドキドキ
中高生時代には
その願望は消えますが
大学生になってから
自室で
こそこそと
女装を楽しむようになり
社会人になって
著名な
女装家キャンディ・ミルキィ氏が
訪問してくれることになり
それなりの格好で
お迎えしなくてはと考えた末
着ると
ウケて
イベントの
名物の1つとなり
毎年欠かさずセーラー服を着て
自身のブースに立つようになり
そのうち
ラーメン店が
「30歳以上で
セーラー服着用で来店すれば
ラーメン1杯タダ」と
貼り出しているのを見て
当然
セーラー服を着て
入店
以後は
飛行機であろうが
公共施設であろうが
どこでも大丈夫だと
行動しながら
確信するようになったそうです。
犯罪ではなく
趣味ですからね。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
しかし
この物語に
似ています。
しかも
過去の問題は
否認されています。
高校生の
純粋な目は
本当に
この人は
このままでよいのだろうか?
世に問うたのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です