生活保護費2.6億円不明でPTSD解離市職員告訴される。

大阪の
河内長野市で
40代の男性主査が
400万円着服していたことが
発覚しましたが
被害総額は
2億6千万円にのぼるようです。
ある程度の信用と
コンピューター管理で成り立つ
職場は
PTSD解離人格が増えると
たちまち
危うくなる
脆い構造です。
こういうことがあると
職場の人たちは
何とも言えない気持ちになり
心身の不調を起こす人が
出てきます。
 ―関連が見えにくいから
 (見たらよいのですが)
 理解されにくい。
PTSD予防が
実は必要なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です