アメリカ・ネバダ州13歳生徒がPTSD解離発砲後自殺

銃を構えているのに気づき
説得しようと
近づいた
教師1人が
死亡
生徒2人が重傷
発砲した生徒は
犯行後
銃で自殺しました。
動機は不明とのことですが
それこそが
PTSDの解離行動の
特徴ですね。
 ―学校が嫌いなら
 まだわかりやすいが 
 太陽がまぶしかったとか。
 いずれにしても
 正当な理由にはならない。
そして
あとで
アクチベーション・シンドロームでした
発達障害児扱いされてましたと
 ―向精神薬を飲ませる理由
発覚するのが
基本パターンです。
医療化の
犠牲者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です