「危険運転の犠牲で死亡した男児」同級生が話し合いPTSD予防しながら一緒に卒業誓う

京都で
自転車に乗っていた
足立紫苑君(8)が
酔っ払い大工(59)が
運転する
軽トラックにはねられ
死亡しました。
飲酒運転は
ダメだといくら言っても
聞かない
 ―紫苑君以外にも
 61歳の主婦にも
 怪我をさせています。
 これも自転車
ダメな大人の
犠牲になりました。
紫苑君は
小学校では
「お笑い係」で
人気者でした。
同級生はショックで
話しあい
これからも
紫苑君と一緒に
生活しようと誓いあい
授業のプリントや
給食のプレートを
机に運び
音楽の授業では
紫苑君の
ハーモニカを
音楽室に運ぶことにしたそうです。
校長も
このことを
胸に刻み
大人になっても
このことを
忘れないでほしいと
見守っています。
涙が出てきました。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
スクールカウンセラーや
こんな専門家がいなくても
こころのケアは
自発的に
起こりました。
どうしようもない状況で
人類は進化します。
哀しいことだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です