「PTSD解離行動で乳児院がお手上げ」父親に虐待死させられた2歳男児

虐待の疑いがあるので
入所していた
和歌山の乳児院から
家に戻されたばかりの
2歳男児が
父親に
虐待死させられた事件では
「なぜ家に帰した?」と
批判の声が
あがっています。
被害児は
一時帰宅から
乳児院に戻ると
他の乳児に噛みついたり
落ち着きがなくなったりして
行動が荒れたのだそうです。
人格障害的な
 ―乳児が発症するものではないですが
行動は
 ―暴れる。
  試し行動をする。
  リスカして何が悪いとか
  開き直る。
学校でも
病院でも
施設でも
嫌われます。
そして
追い出された後に
たいてい悲劇が
起きるように思います。
 ―最後の
 居場所を失いますから。
普通の臨床家なら
家で何があったのだろうと
心配し
傷に気づき
癒すことを考えるでしょう。
それが仕事ですからね。
血税で
雇われているわけですし。
 ―ここではそこまで
 しませんよ。
 勘違いが多いので
 念のため。

2 thoughts on “「PTSD解離行動で乳児院がお手上げ」父親に虐待死させられた2歳男児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です