高倉健さん任侠演じ続けてPTSD予防教育

文化勲章を
受章されたわけですが
200本以上ある
出演映画の
「ほとんどが
前科者をやりました」
義理と人情を秤にかけつつ
我慢の末に
殴りこむのは
PTSDで解離するのとは
 ―すぐキレる。
違う路線ですね。
現実に
暴力はいけませんが
 ―安直に
 真似するのは
 解離人格
「役の人物の生き様から
社会を知り
世界を観る」のが
 ―ここも
 解離人格が理解できないところで
 事件の話ばかり書いて
 喜ぶなとか言う。
PTSD予防教育的でしたね。
人間の業は
哲学的宗教的ですから
架空でしか
学べないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です