再生医療で悪化の女性(69)PTSD予防のために提訴

手足のしびれが
ひどくなり
歩行器が必要になったそうで
有効性や
副作用の
十分な説明がなされず
精神的に
大きな苦痛を受けたとして
兵庫県の
女性が
東京都内の
クリニックの主治医と
院長を相手取り
慰謝料など
約640万円を求める
損害賠償訴訟を
東京地裁に
起こしました。
精神科の薬や
子宮頸がん予防ワクチンの
問題と同じで
心身に侵襲的であり
 ―身体に毒だし
 副作用は大変なショック
 
不安が増幅され
複雑化しやすいと
思います。
これからは
こういう医療裁判
増えるのでしょうね。
がん宣告と同じで
しっかり
こころのケアをしながら
 ―PTSD予防
医療行為をする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です