だんじり練習にも体育会系PTSD解離性しごきが横行

秋祭りの
練習中に
地域の
青年団の先輩から
暴行を受けることも
増えているそうです。
堺市の少年(18)は
練習中に
たいこのバチで殴られてから
休むようになりましたが
5人の先輩から
 ―傷害罪で実刑判決が出た。
暴行を受け
下あごの骨を骨折するなど
重傷を負い
知覚異常などの
後遺症が残ったので
3370万円の
損害賠償を
求める裁判を
起こしました。
他にも
殴られている人がいたけれど
「練習をさぼったら
暴力を振るわれても
当たり前」という
雰囲気があったそうです。
祭りの集団心理は
一歩間違えると
危険な集団ヒステリーに
なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です