認知症もどきPTSDに案外危険な「音楽パズル」

唱歌や童謡の
メロディを
分割し
録音した
ブロックを並べ替える
時間などで
認知症のレヴェルを
探る方法で
来春
商品化の予定だそうです。
モニターの高齢者は
健康だから
歌を口ずさんだり
「やったー!」と
楽しそうですが
PTSDのお年寄りも
いますからね。
音楽は
場合によっては
危険だと思うんです。
落ち込んだり
嫌がったり
意欲がなくなったり
健忘が激しくなったら
認知症認定して
薬漬けにするのではなく
どの曲が
嫌だったのか
どんな気持ちになったのか
傾聴してあげたら
治療的だと
思います。
お年寄りには
電気ショックとか
そういうのより
 ―骨折も危険ですしね。
こういうのが
いいと思います。
私なら
箱庭するけど。
 ―介護職の人が
 やってくれないかと
 言った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です