大阪で女性(31)がPTSD解離餓死

昨日
大阪市東淀川区の
マンション4階の一室で
発見されました。
死後1~2カ月経過していて
半袖シャツと半ズボン姿
室内には
食べ物が全くありませんでした。
母(65)と
2人で暮らしていましたが
連絡が取れないので
警察官が立ち入り
倒れていた母親だけを
入院させ
奥の和室にいた女性は
確認しなかったようです。
31歳で
こういう亡くなり方をするのは
PTSDで
絶望が深かったからでしょう。
 ―助けを求めても仕方がないと達観
確かに
発見され方が
それを証明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です