台湾人気女優もPTSD解離わいせつで連行される

レイチェル・フー
(傅天穎)さんは
今年7月に
公園で
男性とわいせつ行為をしていたところを
犬の散歩をしていた男性に
目撃され
警察に通報され
19日に
審議が始まりました。
「強姦しないで!」と
叫んだ後
警察官が駆けつけたので
相手男性は
激しくののしりながら
 ―いきなり強姦魔扱いですから
 パニックになったのでしょう。
警察官を暴行し
けがを負わせ
大事になりました。
今は
涙ながらに反省
「誰かに見せるつもりではなかった」と
強調するのが
精一杯ですが
今年5月に離婚したばかりで
前夫との間で
子どもの養育権をめぐり
争っている最中だそうです。
問題が
雪だるまのように
膨らんでゆきながら
場当たり的に行動することを
やめられないのは
ストレス障害
つまりは
PTSDでしょうね。
既に十字架を背負わされてしまった
子どもに
負の連鎖しないように
考えなければ
なりませんね。
これがまた
ストレスなんでしょうがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です