『仕事休んでうつ地獄に行ってきた』はPTSD否認精神科広告塔本

丸岡いずみさんの
本ですが
 ―元花形ニュースキャスター
うつ病発症し
 ―PTSDの間違いです。
病院で
クスリを処方されながら
自分自身で治せると考えて
飲まずに
放置した結果
拗らせてしまったので
クスリを飲むようにしたら
快方に向かい
こうして
出版できるほどに
社会復帰への第一歩を
踏み出せていますという
内容です。
「弱い人がなるのではない」と
当たり前のことを
 ―今更ですが
 ストレス障害の人は
 こういう言葉にも
 癒され
 転ぶ!
 
   =うつ病妄想信じる
 
言いながら
広告塔になっておられます。
間違った治療をした人は
みんなこうなります。
今はいいかもしれないけど
 ―本も売れて
 精神科には
 いい人だと言われて
いつか
かつての
統一教会や
オウム真理教の
信者みたいになるでしょう。
子孫は
PTSD負の連鎖で
地獄の苦しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です