ネパール人殺害のPTSD解離男(23)「月3万円を遺族支払」努力で減刑

大阪の路上で
彫り師の男(23)らと
 ―集団になると
 解離しやすい体質
200m追いかけ
 ―執拗
頭や顔を殴ったり蹴ったり
自転車を投げつけたりして
殺害し
懲役20年の判決を受けましたが
一審で否認した殺意を
認め
60歳まで
毎月
遺族に3万円送金するからと
減刑求めたら
懲役19年になりました。
PTSD解離人格の増加で
刑務所も
過密状態だから
 ―長く収容しても
 治療施設じゃないし
 反省するとも限らないから。
こういう方向性も
大事かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です