コンゴ大使館放火したPTSD解離職員着服は2200万円

30代の職員は
防犯カメラに映っていますが
「私は
放火をしていません」
査証などの手数料着服のほかに
金庫に保管されていた
2200万円が
なくなっていました。
借金があったとのことですが
仕事があって
30代で
アフリカにいて
普通は
あり得ないですね。
考えられないことをするのが
PTSD解離人格です。

2 thoughts on “コンゴ大使館放火したPTSD解離職員着服は2200万円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です