放火事件の宝塚市役所「フラッシュバック」配慮でPTSD予防

7月に
市民がキレて
放火しました。
復旧工事中ですが
 ―2億6600万円
 PTSD否認で
 何かとお金がかかる叫び
通路を広くし
 ―こういうことがまた起こった場合
 避難しやすいように
 想像して不安に思う人も
 いるでしょうからね。
フラッシュバックに配慮して
課や机の配置を変えたそうです。
 ―同じだと
  思いだしやすいですからね。
あちこちから
視察もあり
職員の証言を集めた
DVDも製作中だそうです。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
発達障害を無駄に増やした
こころの専門家は
 ―象徴が使えてないと言ってしまいましたが
 その子たち発達障害じゃありませんでした。
 どんな象徴のとらえ方してたのでしょう?
まだ
大人のアスペルガーとか   ←嘘
 ―広汎性発達障害の概念
 さらに拡大
解離と発達障害の時代とか  ←嘘
 ―被災地支援もしているのに
 (こころのケアはPTSD予防)
  PTSDと言わない。
いい加減ですが
宝塚市役所は
研究熱心ですね。
フラッシュバックは
アスペルガーやADHDの用語では
ないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です