本邦ユング派による「大人の発達障害」大愚説本創元社から発売中

$翠雨PTSD予防&治療研究所
「近年増加が指摘され
 ―薬屋と研究者のコラボ商法
治療も困難とされる
 ―発達障害は
 個人差であり
 療育の対象ですから。
大人の発達障害に対して
 ―拡大解釈戦法どこまでも!
どのような見立てを持ち
 ―どうせ東洋思想に基づく
  象徴解釈じゃないんでしょ?
  狭いユング心理学に
  日本人のイメージ押し込めるから   ←悪魔的
  象徴性が見えなくて
  発達障害に見えるんでしょ?
どのようにアプローチすればよいのか。
描画や箱庭
夢分析を用いた
数多くの
心理療法の試みと
 ―こういうのは
 東洋思想抜きにできないの!
発達障害の背景にある
社会・文化的要因の考察を通じて
従来の「主体」を前提とした
心理療法モデルに代わる
「主体」の成立を図る
 ―主体がないから
 育ててあげるなんて
 愚弄するのは
 いい加減にしてほしい。
新たなアプローチを提示する。
 ―伝統を無視して
 好き勝手言うのは
 悪しき新興宗教
さまざまな問題や
症状に覆い隠された
 ―トラウマが多崎つくるから
  症状が多彩なのはPTSD
$翠雨PTSD予防&治療研究所
大人の発達障害の核心に迫る」
 ―発達障害じゃない。
だそうです。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
これからの
さらなる愚論の展開だそうです。
懲りないね。
いい加減にしてほしい。
ここまで厚顔無恥
押し通すなら
 ―象徴が使えない発達障害が増えているという
 愚説で
 薬漬けになった子たちに
 謝罪するべきでしょう?
せっかくできた
ユング心理学会
存続の危機だね。
アマゾンの書評に書いたげようかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です