サスペンスドラマも「絵の意味」が鍵でPTSDイメージ療法へ

曲がりなりにも
PTSD的なものが
クローズアップされてきて
 ―クローズアップ現代でとは
 これいかに…

愛子さまの作品も
箱庭みたいですし

かぐや姫の物語でも
クローズアップされています。
今夜9時からの
『検事 霞夕子 幻の扉』の
検事さんも
絵の意味から
事件を解き
「人生には
失って初めて
わかることがある」と
感慨に浸ります。
心理療法も同じで
最初の作品のなかに
すべてがあり
 ―病理も
 治療過程も
治癒した時
『なるほど…』と
魂の奥深さに
感動します。
それをエネルギーにまた
意味不明事例に
立ち向かわされるのです。
 ―自分の意思は超えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です