看護師がアラーム聞き逃し患者死亡PTSD解離流行で仕事ミス続出

埼玉県川口市の
済生会川口総合病院で
2011年
入院していた
女性患者
(当時71歳)の容体の急変を知らせる
アラーム音を
看護師らが聞き逃し
女性が死亡した事故について
病院は過失を認めて
遺族に謝罪し
保健所に医療事故報告書を
提出しました。
学者も


デタラメ研究
 ―アメリカでは
 ノーベル賞学者が
 3大科学雑誌を批判
末端治療家まで
それを崇拝して
デタラメ治療
 ―または放置
セクハラとか
余計なことは
しますが
肝心な正業を徹底的に
怠けてます。
昔はアパシーと呼びましたが
 ―無気力
今は解離と呼んだ方が
通りがよいです。
ヒステリーではなく
PTSDですから。

解離性障害もPTSDです。
統合を必死で
抵抗してるところは
嗤えますが
臨床現場は
笑えない状態になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です