「フクシマ原発作業員は居住制限区域に宿泊可能」PTSD解離行動での治安悪化対策

国の
原子力災害現地対策本部は
除染作業員などに限り
宿泊を認める方針を
決めたそうです。
作業員の
通勤の負担を軽減し
復興を加速させるのが
目的だそうですが
外に宿舎をつくるにも
「治安が悪くなる」と
住民が反対するケースが
相次いでいるからだと
思います。
喧嘩したり
酒に酔って暴れたり
空き巣に入ったり
子どもを連れまわしたり
疲れているとは思えない
PTSD解離行動が
頻発しているから
無理はありません。
ゴミ箱で焼死というのも
ありました。
死の恐怖を
抑圧しながらの作業ですから
こころのケアなしでは
 ―PTSD予防
到底無理なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です