「幽霊をこころのケア(PTSD予防)に」向精神薬ではなく話すことで不安緩和へ

朝日新聞が
東北大学の
研究を紹介しています。
宗教者による
被災者支援のなかで
霊的な経験を聴いた人は
 ―噂話ではなく
 本人が体験したもの
276人中
69人でした。
言わない人もいるでしょうから
実際は
もっと多いかもしれません。
家族や知り合いを亡くした人や
犠牲者の多い地域ほど
多いそうです。
 ―どうも必要があって
 幻覚や幻聴がやってくるみたいですね。
「医者に行くと
眠れないなら
薬出しましょうとなることが多い。
まずは話を聞き
安心感を与えるのは
宗教者の役割です」と
書かれています。
ユングなんかも
バンバン観てますし
 ―ヴィジョンと呼ぶ。

ジブリも
自己治癒力の1つであると
教えています。
『コクリコ坂から』
しかし
そんなユングの画集を前にしても
 ―銀行に長らく保管されていた。

アスペルガーや
ADHDさえ
除外された
発達障害ブームを
 ―ユング心理学の命綱
 「象徴」のとらえ方が
 おかしいのが
 バレちゃったあせる
大人にまで広げようとする
このユング派第一人者は
何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です