PTSDと闘う『Dr.DMAT』

今日から始まる
新番組だそうです。
DMATは
災害や事故の現場で
活動する
災害派遣医療チームです。
ある総合病院の男性医師は
救急搬送された妹を
自分の判断ミスで
植物状態にしてしまったショック

救急患者を避けていましたが
院長に
DMAT入りを命じられます。
まずは
多重追突事故の現場で
 ―増えてますよね。
阿鼻叫喚の惨状を前に
足がすくみ
逃げ腰になりながら
 ―トラウマとの闘い
救助の
優先順位などの
決断を迫られます。
いのちに順番をつけるのですから
完ぺきな答えはなく
常に罪悪感や後悔に苛まれる
しかしやらねばならない
二元論では
ストレスでおかしくなりそうな
現場です。
 ―哲学が必要
しかし
ユングなんかがそうだったように
自分の傷を開くことで
深い行動ができたりするんですよね。
どこまで
そのPTSD治療原理に迫っているか
興味深くはあります。
うつ病から始まる
トンデモ流行がありましたが
時代は
そこまで成長しているのでしょう。


君たち
これからどうするの?
まずは
戦争じゃなくても
PTSDになることから
学習しようねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です