アメリカで中学生がPTSD解離性銃乱射

米ニューメキシコ州の
中学校で
昨日
3人が重軽傷を負いました。
 ―12歳の男子生徒は重体で
 13歳の女子生徒は重傷
 
 説得しようとした
 職員が軽症
容疑者は
この中学校の生徒で
身柄を拘束されたそうです。
向精神薬が後押ししているかもしれませんが
戦争ばかりしてきたツケで
子どもたちに
負の連鎖している可能性も
あります。
どう考えてよいか
どうこころにおさめたらよいか
 ―集合的無意識に蠢く
 戦争PTSD
常識では解けない問題解決には
箱庭
共感と受容
考える装置があります。
この外で
感情発散したら
 ―解離
基地外行動になります。
アクティングアウトは
心理療法がない場所で起こります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です