母娘の孤立死もPTSD放置のひとつのかたち

札幌市白石区のアパートで
20日
女性(76)と長女(49)が
死亡しているのが
発見されました。
同区では
くしくも
2012年の同じ日に
知的障害がある女性と
姉の孤立死が発見されていて
札幌市は
孤立死の防止に取り組んできましたが
「限界」を感じているそうです。
発達障害ブームの置き土産でしょう。
証拠もない
子どもの脳のせいにして
 ―微細脳障害と言っていたのが
 ADHDになった。
親子関係のなかにある
トラウマを放置しているからです。

見立ての間違いは
致命的です。

2 thoughts on “母娘の孤立死もPTSD放置のひとつのかたち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です