香典受け取り拒否で葬儀屋さんが困るPTSD予防事情

「故人の遺志により
ご香典の儀は
堅くご辞退申し上げます
   喪主家」とか
増えてますね。
 ―キリスト教でも
葬式は
PTSD予防の1つとして
 ―生老病死が
 発症リスク
古代から
大事にされて来ました。
しかし
葬式仏教と言われるように
お金がかかるようになったので
相互扶助として
香典文化が生まれました。
しかし
家族関係も変化し
遺族が
香典返しなど
 ―これもPTSD予防になる。
 故人との関係をあれこれ考えるから。
煩雑に感じるようです。
それはそれで仕方ないので
生前葬とか
新しいPTSD予防文化が生まれたので
そうすればよいのですが
葬儀屋さんが
困るそうです。
香典返しの商品も
売上の大きな割合をしめてましたからね。
「清めの塩」もなくなりつつありますが
 ―心理学的意味は甚大ですが
 「差別」であるとクレーム
 クレーマーは
 分からず屋ですね。
単価が大分違い
大変なんだそうです。
便乗商法の運命です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です