東日本大震災で幼児の3割にPTSD反応

岩手・宮城・福島の
3県の幼児の
少なくとも3割弱は
約2年後も
うつや不安
攻撃的行動
社会的不適応など
深刻なこころの問題を
抱え
治療が必要であると
厚労省研究班が発表しました。
三重県と比べると
4.5倍だそうです。

こういう見立てで
向精神薬を勧めようとしていないか
目を光らせておく
必要があります。
今どきの専門家は
何するかわかりませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です