『明日、ママがいない』子役という名の児童虐待PTSD

学校にも殆ど行かないで
 ―本人の強い希望と言っても
 
毎日演技してるんですよね。


これじゃ
一時的にしか
視聴率とれないから
可愛く泣くんです。
泣き方が
トレーニング受けた
 ―レッスン料が高く
 1つの産業になっているのは
 臨床心理士の資格と一緒
 (紙切れ同然の民間資格)
子役の中でも
秀でてるから
 ―第一話食事のシーン参照
人気があるんですよね。
ペットショップと
 ―宮沢賢治の視座では
 虐待産業
あんまり変わらないと思います。
既に
芦田愛菜ちゃんが
歴代の有名子役のような
PTSDにならないか
危惧する声は
多いです。
子役環境が虐待環境だから
 ―健全な教育環境でない。
PTSDを発病するんですね。
アメリカの子役には
短期で廃人化した人もいますね。
そう言えば
岡崎聡子さんは
体操選手だったけど
スピッツみたいかも。

2 thoughts on “『明日、ママがいない』子役という名の児童虐待PTSD

  1. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    子役してる人ってみんな大人になってから人生誤ってる人多いですよねぇ。
    やっぱり人間は「通るべき時」に「通るべき道」を通らなきゃアカンのかな?って考えちゃいます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です