PTSD予防中仏門に入り「駆け込み寺」目指す高須クリニック院長PTSDドラマ『明日ママ』救済

びっくりしました叫び
2010年に
妻と母親を亡くし
それを追うように
愛犬までもがこの世を去り
しばし放心状態となるなか
2011年
3月11日の東日本大震災が起こり
その延長上で
丸坊主になり
浄土真宗の得度式に臨み
正式に仏門に入ったそうです。
肉体ばかりではなく
精神面のケアもして行きたいという
気持ちからで
どんなに困難な手術でも受ける
美容整形業界の
「かけ込み寺」を
目指されています。
ショッキングな出来事は
人を哲学者にし
衆生済度させるようです。
PTSD克服の
基本を生きておられますね。
DVシェルターも
駆け込み寺なんですが
スタッフには
そういう精神失われてます。
児童養護施設も
違わないはずは
ないです。
全部神通力で
お見通しなんでしょう。

4 thoughts on “PTSD予防中仏門に入り「駆け込み寺」目指す高須クリニック院長PTSDドラマ『明日ママ』救済

  1. RINKO

    SECRET: 0
    PASS:
    藁をもつかみたいぐらいの思いで仏門に入ったのでしょうか、美容整形も養護施設もそういう思いでいる人が多いだろうから。

    返信
  2. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >RINKOさん
    話題つくりのためのパフォーマンスで頭を丸める人もいるようですが、そのあと俗っぽいことをしすぎたらみっともないと考えられているようです。本当は瀬戸内寂聴さんのように不退転で出家生活をしないといけないのですが、独身で殺生せず祈っているだけの僧は日本ではほとんどいないのでややこしい話になりました。
    PTSD予防行動のなかで、このたび1つの凄い結果を出されたのだから、高須さんの祈りは本物ではないかと思いました。

    返信
  3. RINKO

    SECRET: 0
    PASS:
    >翠雨PTSD心理学研究所さん
    あ、これにはいい意味で書きました。
    どんな困難な手術でも受けるということと、養護施設なら、どんな子でも見放さずにという感じになるのかなと。
    置かれている当事者は絶望の中救いを求めているのかもしれません。
    自身がそういう心境になったからこそ、そういう人の気持ちがわかって…という感じかなと。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です