DVで子どもを不登校にしながら老後は認知症のPTSD人生

朝日新聞がなぜか
認知症を取り上げてます。
高2の息子が
回想するスタイルなので
タイトルのような
流れがわかりやすいです。
子煩悩だけど
 ―と言いながら
よく叱られて怖かったそうです。
PTSDで
キレやすかったんでしょうね。
 ―常に恐怖感を与えますから
 虐待です。
しかし
小学校高学年で
「頭が痛い」と
学校行事に来なくなり
 ―母親が会社員
 父親は飲食店だから
 こういうのは父親の仕事だった。
叱らなくなり
仕事を休みがちになり
認知症と診断されたそうです。
息子さんは
この頃から
体がだるく
ひきこもり気味になります。
 ―起立性調整障害と
 今風の診断名ですが
 暴力から解放された後に
 緊張がキレて
 PTSD発症したのでしょう。
 修学旅行とかは行けるようですが
 不登校気味です。
認知症治療を受け始めた父親は
「行きたくない」と言い
完璧に仕事をやめ
居間で排泄し
 ―息子はショックを受ける。
テーマパークで
音楽に反応し
大声で歌い
 ―息子は逃げ出した。
頻繁に徘徊し
万引きしながら
 ―その店には行けない。
62歳で
老人ホームの入居待ちをしています。
治療後に
坂道を転げ落ちるように
悪化してますね。
息子さんは
不可解さに遭遇
治らないと知って
ショックを受けています。
PTSDであり
自分にも負の連鎖しているということを
知れば
父親モデルも歪まず
よりよく生きて行けるのに
モッタイナイなと
思います。
朝日新聞ですから
「父は父」
「自然な関係」
「彼女に言うと
おばあちゃんも認知症よと
言ってくれた」
 ―百歩譲って
 おばあちゃんの話なんですが。
美化してますが
これも含めて
PTSDの認知の歪みであり
危険な思考ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です