失恋恐怖で『ロミオとジュリエット』児童虐待PTSDの無策から『明日ママ』

『恋に落ちた
シェイクスピア』によれば
劇作家のシェイクスピアは
婚約者のいる
商家の令嬢と
恋に落ち
次第に
悲恋劇
『ロミオとジュリエット』を
形作っていったそうです。
ちゃんと実体験して
創作していますし
事実と劇は
大分違います。
令嬢の親御さんは
そんなことはなかったとか
名誉棄損だとか
主張するかもしれません。

児童虐待PTSDが放置された
どうしようもない現実の
 ―専門家がウソばかりついて
 遊んでるし。
悲劇の華として咲いたからこそ
感動される
 ―再放送観てる人が多いにしては
 (CMなくて観やすい)
 視聴率は高いと思います。
 下がったと喧伝するくらいしか
 打つ手なしみたいね。 
『明日ママ』じゃないかと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です