倉敷のPTSD解離母(27)10か月長男を殺害『明日ママ』の現実

外傷はなく
発作的に
首を絞めたようです。

「殺すくらいなら
どうして連絡してくれなかったのですか」と
慈恵病院のスタッフは
言います。
これをもっと
広く伝えねばなりません。
しかし
思い詰めて
覚悟して
自殺する人が減ったように
 ―ハッピードラッグで
 るんるん気分で飛び込む。
日常の延長で
発作的に
殺めてしまう人が
多いのです。
あかちゃんポストを作って
待っているのでは
救えない命が多いから
義務教育で
PTSD予防教育する
必要があるということも理解し
広めていただきたいです。

1 thought on “倉敷のPTSD解離母(27)10か月長男を殺害『明日ママ』の現実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です