子宮頸がん予防ワクチンのPTSD反応も観えない平成の『かぐや姫の物語』

滋賀医大の
5年生である
女性が
朝日新聞に投稿しています。
厚労省の検討委員会は
ワクチンでの副作用の多くは
「接種による
痛みや
不安に対する
心身の反応
が引き起こした」と
結論づけたそうです。
接種推奨を再開したかったから
ワクチンそのものは悪くないと
言いたかったのでしょうね。
医学部に進むような
女の子たちも
入学後に
このワクチンを接種しているようで
痛みが強く
腫れがしばらくひかないのは
本当だそうです。
そして
迷走神経を刺激したら
失神することはあり
 ―ロシアンルーレットゲーム?
15歳前後と
60歳以降に
その「迷走神経反射」は
起きやすいから
接種時期を
変更したらよいと
ご提言です。
今の医学部教育での
こころとは
痛点とか神経くらいしかない
みたいですね。
PTSD予防は

ヒステリー反応とか

無意識とか
コンプレックスとかの
理論を含みますから
医学者の対応はいつも
上滑りになるんですね。


 ―「高貴な姫君になるために」

数十年したら
同窓会で
「へんな常識にかぶれながら
お勉強頑張って
今はがん患者ね。
上から目線で
ウソの宣伝もたくさんしちゃって
どうするよ?」と
話してるかもしれません。

1 thought on “子宮頸がん予防ワクチンのPTSD反応も観えない平成の『かぐや姫の物語』

  1. 莉彩

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ読みに来てみました☆また読みに来させてください!!私もブログやっていて、スマホゲームの事書いてるので良かったら読んでみてください!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です