「週2回遅刻・月2回休む」ならPTSD予防を

人事支援システム会社の
「サイダス」は
従業員の勤務状態から
うつ病の前兆を読み取り
会社に警告を送るサービス

始めるそうです。
たとえば
「週2回遅刻し
月2回欠勤」
「月曜と火曜の欠勤が多い」
「午後10時以降の残業が
頻繁に続く」といった勤務パターンは
危険な兆候なんだそうです。
ストレス耐性が低いからそうなると
書きながら
PTSDじゃなくて
 ―トラウマ後に起るストレス障害
うつ病なんですね。
 ―ストレスとは関係ない。

早めに心療内科受診させて
薬漬けにすることを
 ―どんな状態でも
 行けば「うつ病です。
 辛かったでしょう。
 あなたのせいじゃないよ」
 効かなくても飲み続けるように言われ
 治っても再発防止で続けさせられ
 効かなくなれば
 増強療法で
 麻薬中毒患者の出来上がり
お手伝いするのは
親切ごかしシステムです。
「この頃よく休むよね」とか
普通に人間関係があれば
わかりそうなものまで
外注する組織も
病んでると思います。
「どうしたの?
なんかあった?」と
傾聴し合えば
不幸は予防できるのにね。

4 thoughts on “「週2回遅刻・月2回休む」ならPTSD予防を

  1. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    形を変えた社員監視システムだよねぇ。
    ただでさえ、うつ病の社員は会社の産業医に相談しないってのに。
    こんな事やってたら月曜と火曜は無理してでも時間通りに会社いって水曜木曜に遅刻する奴が増えそう……。

    返信
  2. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    無理だと思うよ~、結局は「働いても給料が増えない」とか「いつクビ切られるか」って事だから。
    昔と違って業績が良いから首切りするのが今の会社だから。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です