PTSDチックなロシアの歴史

ソチオリンピック開会式は
きらびやかな舞台衣装を使って
栄光の歴史を紹介
「偉大なロシア」を
印象づけたそうですね。
 ―世界一広い国土や
 帝国主義
 巨大建築
どの国にも
民族にも
神話があります。

その集団のこころが
どのようにつくられたかを
示します。
愛ちゃんという女の子が
夢の中で
ロシアの歴史と出会うという
設定は
メルヘンチックですが
愛ちゃんには
ソチが
19世紀に
ロシアに侵攻され
50年近くにわたる戦争で
多くの先住民が亡くなった歴史は
 ―ある民族は9割が虐殺された。
見せませんでした。

『明日ママ』中止を求める
専門家たちの主張みたいに
先住民の子が
リスカしたら困るからでしょうか?
いえいえ
先住民の子孫は
歴史的な悲劇が
実際にあったことを
政府に認めさせるよう
活動しています。
 ―立川明日香さん的態度
そう言えば
「同性愛者」もいないと
市長が豪語してましたね。
五輪が四輪になったのも
なんとなく
わかるような気がします。
ちなみに日本の神話は
『古事記』
大陸文化に圧倒され
必死で学び努力してきた
弱者による
個性化の過程の物語です。
今も歴史をつつかれながら
開き直らず
考え続けている国です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です