犯罪被害者と加害者を対話させるNPO法人解散「PTSD心理知らなさすぎ」の臨床心理士

『明日ママ』で
「ポスト」と言うなと言いながら
「自宅警備員」と
言葉の遊びをしている
専門家たちですが


大阪のNPO法人
「被害者加害者対話支援センター」が
昨年解散したそうです。
大学教授と弁護士と臨床心理士が
2004年に立ち上げたようですが
依頼は
凶悪犯罪の被害者と加害者ばかりで
十数件
対話にこぎつけたのは
数件だそうで
加害者を自殺させてしまったことも
あったそうです。
PTSD治療の中で
こういう場面が出て来ることは
あると思いますが
全面に打ち出しちゃダメですね。
PTSD理論抜きの活動は
上手くいかないということです。
薬漬けの加害者になってないだけ
マシですけどね。


こういうのね。
臨床心理士って
本当にどうしようもないと
思います。

4 thoughts on “犯罪被害者と加害者を対話させるNPO法人解散「PTSD心理知らなさすぎ」の臨床心理士

  1. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    犯罪の被害者を加害者にあわせるなんてPTSDを作るようなもんじゃないですか?。
    やっぱり設立メンバーに精神科医がいないからこんなものをつくったんですよねー。

    返信
  2. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >大高忠敬さん
    こういうことに一番無神経なのが、精神科なんです。臨床心理士はにらまれてゴーストライターやらされてる人と立場が似てると思いますよ。あとは権利意識とかしかわからない弁護士ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です