西脇工業高校の陸上部監督(50)まだPTSD解離暴行で訓告処分

高校駅伝男子の
強豪校です。
大会のあと
1年生の部員の頬や頭を
たたきました。
「力はついているのに
気持ちで負けたと感じ
悔しい思いを
二度としてほしくなかった」
そうです。
暴力による
条件づけは
追い詰められたとき
恐怖感を思い出させるから
逆効果なのにね。
いまだに
こんな指導しているのは
強豪校にしては

気持ちの研究がいい加減ですね。
自分の問題を
子どもに押し付けちゃだめですね。
教育委員会に対し
事実を隠ぺいしていた
校長(60)も
訓告処分になりました。
いじめ隠蔽体質は
根深いですね。

2 thoughts on “西脇工業高校の陸上部監督(50)まだPTSD解離暴行で訓告処分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です