『千と千尋の神隠し』古事記の世界で癒されるPTSDトラウマの謎

八百万の神々の世界に
迷い込み


いろいろな
怪物と格闘しているうちに
 ― 十牛図の牛
こころが
まっすぐ
元気になり
 ― 無心
川に靴を落とした時に
ふと
 ―意識と無意識に橋渡し
 (ラポール)
小さい時に
川に落ちたことを思い出します。

 ―トラウマ記憶
何も覚えていないと思っていたけど
それがどんな川で
どんな名前で
どんなふうに落ちて
どうなったのか
その時の記憶が蘇った時
 ―感覚的なもの
ハクに
「助けられたんだ
(だから生きている)」と
気付きます。
 ―生かされていることへの気づき
現実には
ハクの本当の名前
ニギハヤミコハク主みたいな
 ― 二ギハヤヒノミコトとか
   ニニギノミコトとかいますね。
 
古事記の神話の世界にある
自己治癒力に触れたとき
自然にすべてが氷解し
 ―トラウマは
 なぞなぞのようなもの
こころにあるわだかまりが
解決するのだと思います。
まずは
千尋のように
働くことが
その世界に入り込む
コツで
宗教の「行」とか
心理療法のさまざまな技法は
その方便だと
思います。
体験しないと
後半はわからないのですが
そういうことがあると
教えてくれているのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です