いじめPTSDで2歳児死亡させたネット・ベビーシッターシステムも『千と千尋の神隠し』

物袋容疑者(26)の父親は
「息子はいじめられっ子」と
証言しています。
PTSDを発症し
自分が子どもを世話することで
子ども時代のやり直しをしたかったのでしょうが
 ―預かった子を大事にすることで
 幼かった自分が癒される。
 これ自体は悪いことではない。
 これで治癒する人も
 かつてはたくさんいた。
トラウマの再来になってしまいました。
 ―過去の辛い記憶が蘇り
 ショックを受け
 茫然自失したら
 客観的にはネグレクト行為になります。
 (食べ物もあまり与えず
  衣服を着せず低体温症に)
 大変なことになり
 ごまかし行為に走りますが
 名前を偽って預けたことや
 これまでにも虐待していたことが
 バレたら大変です。
 慌てて解離し
 暴行行動に出たりもしたのでしょう。
 ストレスに弱く
 倒錯行為をするうち破滅する。
預けた母親も
キャバクラ務めのシングルマザー(22)で

ま、いいか!との判断で
 ―解離
子どもを魔境に送ってしまいました。

現実には
坊みたいな子もたくさんいて
 ―ネグレクト児
物語のようには
成長し
自律心を養えないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です