『千と千尋の神隠し』PTSD界を支えるすすわたり


自分の意思はないから
常に周囲をうかがい
窯じいの怒りなどで
やみくもに
一斉行動しますが
いつもと違う状況になると
 ―千尋が手伝い始める。
対応できず
自爆してしまい
 ―解離
集団ヒステリーが
伝播します。
「代わりはいくらでもいる」
「ただのすすにもどりたいか!」と
言われるのが恐怖です。



こういう人たちみたいですね。

こんなことも
言い始めてはいますが
まだ穴の中から
状況を窺っているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です