『千と千尋の神隠し』こころ貧しき者(PTSD)は幸いである。

聖書の言葉ですが
えーっ?!って言葉の1つです。
 ―仏教には我慢するなという
 言葉がありますね。
 解離人格大喜びですが
 そういう意味じゃないのです。
こころ貧しいというのは
 ―昔の人の言うこころは
 意識のことじゃなくて
 心身霊全体のことだし
現地語では
息も絶え絶えの者という意味です。
 ―瀕死の者

こういう鼻息の荒いのと
反対の存在です。
聖書は
そういう存在には
御国が近いと言っていますが


打ちひしがれる
千尋の前に
神々の世界が
 ―自己(セルフ)
 この中に自己治癒力がある。
 (アリエッティ)
 日本人のこころだから
 古事記の八百万の神々
 
立ち現われます。
苦労するけど
 ―百尺竿頭一歩進めよ。
そこでたましいが成長するのでしたね。
PTSDを発症しそうな時は
 ―傷ついたとき
大事な時です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です