不登校(PTSD)の高3男子生徒が無差別殺人未遂

岡山の
高梁市で
教諭を刺した
生徒は
昨年7月から
不登校が続いていて
昨日
大声をあげながら
職員室にやってきたそうです。
本人は
「先生を殺そうと思った」
副校長は
「最初に対応した教諭を
刺したのでは?」と言っているので
無差別殺人の可能性が高いですね。
心療内科にでも
通院していて
アクチベーションシンドロームを
起こしたのではないでしょうか。


こういう解離システムが
子どもを魔境に追いやります。

不登校問題は
現代の神隠しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です