女児に覚せい剤注射し性的暴行のPTSD解離男(66)に懲役23年

福岡県宮若市の
無職男は
交際していた
女性の娘
(当時12歳)と
友人の女子児童3人を
 ―2人に覚醒剤を無理やり注射
自宅などで暴行しましたが
否認しています。
裁判官は
「女児らの
心身に与えた影響は
図りしれないにもかかわらず
反省の態度が認められない」と
断じましたが
今頃どうしているでしょう。

こういう扱いになっていないか
心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です