福知山爆発事故のPTSD解離屋台店主(39)に禁錮5年

昨年8月
花火大会の会場で
爆発事故を起こし
3人死亡
48人を負傷させた
屋台店主に
禁錮5年の判決が出ました。
「少しでも早く給油しようと
自己の利益を追求した
軽率極まりない行動」と
判断されました。
解離行動ですね。
負傷した子どもは
傷心のまま
5度も手術を受け
暗闇を怖がり
眠れないし
リハビリのため
学校に行けない日が多いそうです。
家族も
ちょっとした一言が
子どもを傷つけるのではないかと不安で
何も言えないと
話されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です