「診察できないほど精神的に参って」無差別殺人未遂のPTSD解離腎臓内科医(49)

「2週間ぐらい前から
診察できないほど精神的に参っていた」
 ―周囲にも
 精神的に不安定で
 仕事上の負担が大きいと
 漏らしていたそうです。
「数日前
自殺を試みたが
死にきれなかった。
チューブを抜けば
警察に捕まり
手っ取り早いと思った」ので
所長を務める
東京都町田市の
「あけぼの第二クリニック」で
人工透析中の男性患者の
医療チューブを引き抜いたそうです。
病院に行っても
 ―受診したかもしれませんが
地獄の
うつ病治療しか待っていないので
刑務所を選んだのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です